たぬきの雑記

株式会社トミーウォーカー運営の学園伝綺PBW『シルバーレイン』のキャラクターの雑記。基本キャラロール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

軋み

狢と名乗る少年と青年の狭間になる少し前

少年を少し止め始めた頃の物語

山に篭った訓練から街の中で戦う術を身につけるための訓練に移った頃

そんな時の物語だ

彼は普通とは違っていた
肉のつき方も歩き方も立ち振る舞いも
まだ、小学校を上がりたての子供たちは、その違いをはやしたてからかった

「や~い、サイヤ人、サイヤ人」
子供たちが、狢に向かってからかう様に揶揄する
確かに、同世代にしては筋肉がつき過ぎている
人は自ら違うものを差別したがるのだから
「や~い、オクレ……」

力を持つものは精神の鍛錬も積むべきである
よく言われる言葉である。それはなぜなのか
簡単である。力は使いどころを誤ると悲劇を生む


子供たちの動体視力では捕らえきれない速度で狢の拳が放たれ
鼻を打ち抜き、陥没させ意識を刈り取ると同時に脚を払い顔面を掴んだ状態で
地面に打ち付ける。

「ひっ!!」
どろりと鈍い赤い液体が教室の床に広がる
硬直した5名の子供めがけて地を這うような黒い影が走る。
膝を砕き、顎を打ち抜き、地面に打ち付け
ほんの数秒の間に生きているのか死んでいるのか分からないモノが5つ出来上がった

狢はただ、ムカついたから力を行使しただけ
脆い人が悪い。そう思っていたが世間はそれを許してはくれなかった
祖父がどんな力を使ったかは分からないが世間には表ざたにならずにすんだが
こっ酷くしかられた

「お爺様、納得行きません。
教えてくださったでしょう!
弱いほうが悪いのだから!兄が正しく、自分は間違ってると!」

その問いに祖父は応えず、ただ悲しそうに首を振るだけだった
やがて彼は問題を起こすことはやめるために色々と考え出した

干渉しないと人は勝手に干渉してくる
かといって干渉してくると人はいらぬ所まで踏み込んでくる
ならば、自ら干渉し、そして人を適度に遠ざければいい。
彼はその方法を学び実践した。

エロ学派という方法を
スポンサーサイト
  1. 2006/10/08(日) 02:36:07|
  2. 銀色の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<バトン | ホーム | 降りしきる雨の中で>>

コメント

悲しい生き様を垣間見て

比留間は時折、狢の横顔を悲しそうに眺めるでしょう。
女の勘は、鋭いらしい。
  1. 2006/10/08(日) 13:41:50 |
  2. URL |
  3. 比留間の中の人 #mD5gn8q6
  4. [ 編集]

う~ん、なんだか親近感。
ウチの虎鉄が蓮さんに懐く理由が理解できた気がする。
でもね………

ぶっちゃけその方法はどうなのさ!?
  1. 2006/10/10(火) 19:41:01 |
  2. URL |
  3. 鳳凰堂の中の人 #-
  4. [ 編集]

共感

ああ・・・なんぞ、わしも似たような記憶があるのう。
いや、その方法にはあまり共感できんがのう!
  1. 2006/10/12(木) 04:23:30 |
  2. URL |
  3. 大きな爺 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hinekuretatanuki.blog75.fc2.com/tb.php/2-f81a07fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

狢蓮

Author:狢蓮
==================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、狢のPLが作成を依頼し作成していただいたものです。
 イラストの使用権は狢のPLに、著作権は琥姫ミオ絵師に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
==================

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。